集合論


【タイトル】
 集合への30講
【推薦者】
 regusupe
【予備知識】
 ほぼ必要なし
【読み頃】
 大学1~2年生くらいかと思います。
 僕はこの本で集合論を学んだのですが、集合論初学者でもわかりやすいです。
【コメント】
 前半は無限集合の大きさを基数という尺度で測ることができる話をしています。
 後半は順序数の話をしています。
 そして最後に整列可能定理から選択公理の話、連続体仮説の話などのさわりをして終わります。
 この本で無限集合が好きになりました。

集合への30講 (数学30講シリーズ)
志賀 浩二
朝倉書店
売り上げランキング: 59,505

【タイトル】
 集合と位相
【推薦者】
 regusupe
【予備知識】
 必要はされていないが、最初からある程度の集合と位相についてのイメージがあったほうが望ましい
【読み頃】
 大学生全般
【コメント】
 集合への30講よりももう少しちゃんと集合論を勉強したいと思った時にいいと思います。
 かっちりした本なので、気楽には読めませんが、演習問題も解答付きで載っているのでちゃんと勉強したい人向けの良書です。

集合・位相入門
集合・位相入門

posted with amazlet at 13.11.04
松坂 和夫
岩波書店
売り上げランキング: 11,134

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中